妊娠中の仕事がつらいときには在宅ワーク

妊娠中に十分な勤務配慮が受けられなくて仕事がつらいという妊婦さんを見かけます。病気ではないからと言われると、体調不良の時には結構ストレスが溜まります。仕事がつらいなら無理して続けないで在宅ワークに切り替えるべきです。

妊婦の在宅ワーク(TOP)>>妊婦さんの仕事の悩みとその解決方法>妊娠中の仕事がつらいときには在宅ワーク

妊娠中の配慮ない会社

妊娠中の仕事がつらいときには在宅ワーク

大手の企業だと妊娠中には勤務上の配慮があるようで・・・、ラッシュ時を避けた遅出の出社や早めの退社などがあったり、身体に負担が掛からない仕事、勤務場所への配置換えなどもあるようです。

一方でそういった妊娠中の勤務配慮のない会社では、仕事がきつくて会社へ行きたくない、会社を辞めたいと考える妊婦さんも少なくないようです。

妊娠中の仕事がつらいなら・・・

妊娠中に仕事がつらいなら無理して続ける必要があるかを真剣に考える必要がある場合もあるかと思います。

特に、妊娠中だけのことではなく、出産前後の産休期間、その後の育児休暇、そして子育てに入ってから・・・と将来のことまでじっくり考える必要があるのではないでしょうか。

そんなときに仕事がつらいなら、仕事を辞めてしまうのも一つの選択肢です。

仕事を辞めてどうするのか

仕事を辞めて在宅でできる仕事に替えるという手があります。

パソコンとネットワーク環境があれば、事前の投資などする必要もなく、ノルマもない在宅ワークがあります。

いわゆるクラウドソーシングと呼ばれる仕事で、ネット上で仕事の依頼を受け、自宅のパソコン上で作業をして、報酬をいただくという形態の業務です。

在宅ワークに必要な技量

妊娠中に在宅ワークを始めるとなると、何か資格とか技術が必要なのではないかと心配する人もいるかもしれません。

実は、そういった資格・技量は必要ありません!!!

もちろん、それまでの会社で培ったものがあればそれを利用することも可能ですし、なくてもできる仕事がたくさんあるのです。

特に、女性目線、主婦目線、妊婦目線で日記風の記事を求めているような仕事の依頼も少なくないので、クラウドソーシングが初めての妊婦さんなら、こういった仕事から始めるといいでしょう。

クラウドソーシングでどれくらい稼げるの

クラウドソーシングの報酬については取り組む案件とスピードによって変わってきます。

例えば、妊婦さんでも簡単にできるアンケートの回答などの仕事では、1件当たり50円が相場と言われています。

アンケートの回答で100文字程度の文章1件で50円とした場合、1件書くのに10分掛かると時給に換算すると300円となって、最低賃金を下回ります。

でも、100文字程度の文章を2分で書き上げられるとしたら、時給にすると1500円になり派遣の仕事並みの時給になります。

経験から、この程度の簡単なアンケートの回答100文字は、慣れてくれば数分で書き上げられるようになるのが普通なのです。

妊娠中の仕事がつらくて辞めたいなら、クラウドソーシングの在宅ワークに切り替えてみるのも一案だと思います。

在宅ワークなら、子供が生まれてから、子育ての時期になっても、自宅で子供の面倒を見ながら働けるのですから。

クラウドソーシングを始めてみるなら
矢印